おくちの相談所Frequently Asked Questions

  • Q4

    2才をすぎた子どもですが、おしゃぶりをなかなか離せません。
    このまま使ってもよいのでしょうか。

おしゃぶりは赤ちゃんにとって大切なもの。
歯の成長と一緒に、その必要性や影響が変わってきますので、お子様の成長に合わせたおしゃぶり離れが必要となります。

- Advice -

おしゃぶりは、むずがったり泣いている赤ちゃんをなだめるために、とても便利なアイテムです。しゃぶる行為が当然の赤ちゃん時代には上手に使いましょう。

しかし乳歯が生えそろう2~3歳には、口の働きも"吸う"・"しゃぶる"から"かむ"ことに変わります。
言葉が出始め、周囲の人たちとおしゃべりでコミュニケーションをはかろうとしていく時期に、おしゃぶりで口をふさいでおくことは、子どもの発達上望ましいものではありません。
また、奥歯が生えた後も長時間おしゃぶりを使っていると歯並びやかみ合わせに問題が生じやすくなります。離乳期以降は徐々に使用頻度を減らして、2歳をすぎればそろそろ卒業させましょう。

担当医 太田 常晴

【これまでのお悩み・ご質問一覧はこちら】